さつき会


行事予定 >行事報告

 - 2012年度 純花祭報告 2012年9月16日&17日


2012年9月16日(日)&17日(月=祝)と、純花祭が開催されました。

さつき会では、毎年教室をお借りして同窓会バザーを行い、
お世話になった学校に少しでもお役に立ててもらう為に売上を寄付し、
同時に東日本大震災等の募金も行っています。

今年も同窓生に事前に呼び掛けをしたところ、たくさんの献品のダンボール箱が届きました。

お手伝いの同窓生たちが荷物を台車に乗せて何度も教室に運び、雑貨と衣類とに分けていきます。

「これは100円ね」「これは新品だから300円かな?」と値段付け。

食器や小物は、お客様が気軽に手にとって見られるようにセンスよく並べ、
衣類はまるでブティックのようにお洒落にコーディネイトしながら工夫を凝らしました。

ゲームコーナーでは、おもちゃのお楽しみ袋がもらえる「つりぼりゲーム」を用意して、
子供たちが大喜びでつりぼりを楽しんでいる間に、
お母さんにはたくさん買い物をしていただきました。

シスター方も売り子さんのお手伝いをして下さり、
シスターの周りには同窓生や子供たちが笑顔いっぱいで集まりました。

そして今回は、旧職員の大久保洋さんが、
現在ご活躍されているカトリック東京ボランティアセンターでの活動の一環として、
震災で風評被害に合われた福島県川俣町の「竹屋」という老舗の飴屋さんの商品を買い取り、
教室内で初出店をしました。

黒糖・生姜・醤油など45種類もある様々な種類の飴や美味しいお饅頭を、
福島の現状を踏まえた説明をし、
私たちも出来る限り大久保さんと並んで大きな声を出しながらお手伝いをしました。

おかげで商品は2日間で完売し、早速大久保さんが竹屋さんに、お役に立てたことを報告いたしました。

今後もこうしたバザーの活動を継続して、同窓生がひとつになりながら、喜びを分かち合える場を作っていけたらと思います。

ご協力いただきました皆様、有難うございました。

純花祭
↑ 旧職員の大久保洋さん。さつき会バザー会場にて初出店されました